学校における日本の書道教育

Sponsored links

はじめに

皆さんこんにちは!
このページでは、日本語を外国語として学んでいる人に向けて、日本の学校教育で、書道がどのように学ばれているかを紹介していきます。

日本語を外国語として学んでいる方が日本の文字、漢字、ひらがな、カタカナの書き方を学ぶ一方で、日本人の子供たちも学校で文字を書く方法を学んでいます。では、日本人がどのようにどのようなことを学んでいるのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

日本の書道とは?:書写、習字、書道の違い

日本語が第一言語である人も意味を混同しがちですが、書写(しょしゃ)、習字(しゅうじ)、書道(しょどう)という3つの言葉があります。では、これら3つはどう違うのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

書写(しょしゃ): 書写とは、文字を正確に書く方法を学ぶ活動です。これは、文字の基本を学び、筆の使い方から始まります。書写の目的は、文字を美しく正確に表現することです。書写は、日常の文字、署名、手紙を書くための実践的なスキルとして重要です。

習字(しゅうじ): 習字は、文字を美しく書く練習です。この活動では、美しい文字を書く方法と筆の使い方を学ぶことに重点が置かれています。習字の目標は、文字の美しさとバランス、筆圧、ストロークの流れなど、書く技術の詳細を向上させることです。習字は、個々の文字の形とバランスを改善し、より美しい魅力的な文字を書く手段です。

書道(しょどう): 書道は、文字の美しさと芸術性を探求する伝統的な日本の芸術形式です。書道は、文字の書き方だけでなく、文字の背後にある精神的な意味や美学の表現にも重点を置いています。書道の基本には、墨の濃淡、筆の動き、文字のバランスが含まれます。書道は、書風を持ち、個々の文字、詩、引用句を美しい芸術作品として表現するために使用されます。

これら3つのタイプはすべて、日本の学校教育に取り入れられています。義務教育のある小学校や中学校では、国語の科目の中に書写と習字が含まれています。書道は高校のカリキュラムで選択科目として選択でき、美術系の科目として学ぶこともできます。

義務教育における日本の書道

習字は、1971年に小学校の日本語教育に導入され、義務教育科目となりました。習字は日本語学習の分野の一部として位置づけられていますが、国語と習字の教科書は別々です。文字を書くことは日本語だけでなく、学校教育の多くの他の側面でも必要であり、手紙を書くときなど、日常生活の中で文字を書く機会が多いです。習字の授業では、以下の能力を開発することが期待されています。

正しい姿勢と筆の持ち方

文字を見やすく、整った形で効率的に書くためには、正しい姿勢と筆の持ち方が必要です。紙と目を適切な位置に配置し、筆先が見えるようにしながら、まっすぐな背中と安定した体の姿勢を保ちます。1年生と2年生では主に鉛筆やフェルトペンが使用されますが、正しい持ち方を教えるために、指や手首の位置、鉛筆の角度に注意を払う必要があります。

丁寧に書くために、ストロークの順序に従い、点や文字の形成に注意を払う

点の正しい順序やストロークのパターンは、文字の形成に重要です。文字は、最初のストロークから最後のストローク(留め、はね、払い)までのストローク順に従って形成され、その後、順に点をつけます。正確に書くためには、ストロークの最初と最後のストロークの書き方に特に注意を払う必要があり、学生は読みやすい文字を丁寧に書く姿勢を身につけるべきです。

文字の位置関係、交差する方法、長さや方向などに注意を払いながら、正確に文字を書く

文字の形を基に、点の位置関係を理解するためには、文字の形に基づいて点の関係を理解する必要があります。長さや方向にも注意を払う必要があります。例えば、「川」という文字では、最初のストロークが他の二つのストロークに比べて長すぎる場合や、方向が適切でない場合、その文字は文字として認識されません。

日本の書道塾

日本の書道塾に通うことの利点と恩恵、そして何歳から始めることができるかについて紹介します。

日本の書道塾で書道を学ぶことで、より美しい文字を書くことができるようになります。美しく書くためには、良い姿勢が必要です。書道を学ぶことのもう一つの利点は、良い姿勢を維持し、良いマナーを身につけることができることです。学生は、モデルを注意深く見て何度も練習することで書くことを学び、これにより集中力と忍耐力を身につけることができます。

さらに、書道のレッスンは学生が自分のペースで、主体的に学ぶ能力を育むのに役立ちます。また、上級レベルに昇進することで自信をつけることもできます。

日本の書道は子供だけでなく、生涯続けられる趣味としてあらゆる年齢の大人にも人気があります。

まとめ

日本の学校教育で書道が重要な役割を果たしています。書写、習字、書道の3つのタイプがあり、義務教育に組み込まれています。書道は文字の美しさや正確さを学び、集中力や忍耐力を育むことができます。また、書道塾での学習も人気で、幅広い年齢層に愛されています。

Sponsored links
書道情報記事

Comments